トップページ >> 協会規約

日本エドワード・サピア協会規約

(名称)

第1条 本会は「日本エドワード・サピア協会」(The Edward Sapir Society of Japan)と称する。

(目的)

第2条 本会はサピア研究、言語学・人類学・言語文化、ならびに言語学史の研究とその発展に寄与し、会員相互の親睦を図ることを目的とする。

(活動)

第3条 本会は上記の目的を達成するために、下記の活動を行う。

  1. (1)毎年1回の総会および研究発表会の開催
  2. (2)毎年1回の機関誌もしくは会報の発行
  3. (3)サピア関係の文献および広く言語文化に関する情報の収集と交換
  4. (4)内外の研究者・学術団体との連絡と交流
  5. (5)その他、本会の趣旨に添う活動

(経費)

第4条 本会の経費は、会費・補助金・寄付金その他の収入をもって当てる。

(会員)

第5条 本会の趣旨に賛同し、会費1年分を納めた者をもって会員とする。ただし、継続して2年間会費未納の者は退会と見なす。

2. 会員の種別は次の通りとする。

  1. (1) 一般会員 一般会員会費をおさめた個人。
  2. (2) 学生会員 学生会員会費をおさめた学生の身分にある個人。
  3. (3) 団体会員 団体会員会費をおさめた団体・機関。

3. 会長は国外の有識者を名誉会員として委嘱することができる。名誉会員からは会費を徴収しない。

(役員)

第6条 本会には次の役員をおく。

  1. (1)会長 1名
  2. (2)理事 若干名
  3. (3)顧問 若干名
  4. (4)監事 1名
  5. (5)編集委員 若干名
  6. (6)事務局員 若干名

役員の任期は3年とする。ただし重任を妨げない。

2. 会長はその任務を解かれたとき、顧問となる。

(役員の選出)

第7条 会長は会員総会において、選挙または推薦によりこれを定める。
理事・監事・編集委員・事務局員は総会の承認を受け、会長が委嘱する。
顧問は理事会の議を経て、会長が委嘱する。

(役員の任務)

第8条 会長は会の代表として会務を総括し、総会もしくは会議の議長となる。
理事は会長を助け、理事会を組織して、会の重要事項を審議し、その運営を図る。
顧問は会の運営に関して、理事会の諮問に答える。監事は少なくとも年1回本会の会計の監査に当たる。
事務局員は総会と研究発表会の計画と実施、会員との連絡、会報の発行、会計事務その他を行う。

(会費)

第9条 1年分会費は、一般会員5,000円、学生3,000円、団体会員10,000 円とする。

2. 研究発表会行事に参加する非会員の会費(当日会員会費)は1,000 円とする。

(事務局)

第10条 本会は事務局を学習院大学鷲尾龍一 研究室内に置く。

〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1 学習院大学文学部日本語日本文学科
鷲尾龍一教授研究室内
電話 03-5992-1096

付則

  1. 1.この規約は昭和61年10月4日より施行する。
    • 昭和62年11月7日、第5条ならびに第9条の一部を改正。
    • 平成2年10月7日、付則4を置く。
    • 平成7年10月7日、第6条2項を置く。
    • 平成8年10月5日、第6条ならびに第7条の一部を改正。
    • 平成12年10月14日、第9条の一部を改正。
    • 平成13年10月12日、第5条の一部を改正。
    • 平成20年10月18日、第9条の一部を改正。
    • 平成21年10月24日、第10条を改正。
    • 平成23 年10 月15 日、第3 条、第5 条、第6条および第9 条の一部を改正。
    • 平成25年10月26日、第10条の一部を改正。
    • 平成26年10月25日、第6条の一部を改正。
  2. 2.この規約の変更は総会の承認を得るものとする。
  3. 3.総会における承認は、出席者の3分の2の賛成を必要とする。
  4. 4.『研究年報』への投稿規定は別にこれを定める。